シューゲイザーファンにおなじみYAMAHA SPX90のようなリバースゲートをAbleton Liveで

ShoegazerReverseGate2.0

ヨーロッパではアメリカと違って未だシューゲイザーの人気が凄いらしく、ヨーロッパ産のアンプよりもマーシャルアンプが絶賛されて、飛ぶように売れているそうです。
楽器関連商品でも二番目くらいにマーシャルのJCMシリーズが売れてるみたいで、ちょっと住宅事情からしても日本では考えられない話ですね。

シューゲイザーギターといえばマイブラのケヴィンの音です。

今回、シューゲイザーサウンドに欠かせない、リバースゲートと呼ばれるYAMAHAのSPXシリーズ独自のアルゴリズムをシミュレートし、ableton Liveユーザーが手軽に使えるようなプラグインを作成しました。
ケヴィン・シールズも使っているのはYAMAHAのSPX-90というラックエフェクターです。
これにしか出せないサウンドがあることは確かですが、メンテナンスしていくのが大変なラックエフェクトを今時買うというのはわりと試練です。
そこで、プラグイン化してしまおうということで作っています。

M4L Shoegazer Reverse Gate

轟音ギターにこのリバースゲートをかければ音の壁が作れます。
これはリバーブやディレイ、グラニュラーやグリッチなどの最近のリッチなアルゴリズムとはちょっと違って独特の音響効果があります。
ギターにかけるのが一般的ですが、それ以外の楽器で轟音の壁を作ってみるのも面白いのではないでしょうか。

Timeで最大のディレイタイムを設定し、T.Curveでディレイタイムの分布をコントロールします。
ふわっと立ち上がるような音から急激に立ち上がる音までシューゲイザー系アンビエントの様々な音を作れます。
L.Cureはレベルの分布です。タイムとの兼ね合いで音の出方をコントロールします。
トーンはハイカット。
Stereoで左右の広がりをコントロールできます。シンセにかけるならステレオ全開に広げて、ディストーションギターにかけるならあえてモノラルでギターキャビから一発出ている感じをシミュレートするといいでしょう。
Feedbackはオリジナルにはないつまみですが、さらなる伸びを得る場合に使います。

FX全開のドライカットというのがシューゲイザーサウンドのポイントだったりします。

ソースによって最適なパラメータはかなり違うのでいろいろいじってみるといいでしょう。