Line6のSonic Port VXはライブでも使えるiOSアンプモデラー


DSC02238-1

Line6から発売されているSonic Port VXを導入しました。
小型のアンプシミュレーターを探していたところ偶然にも選んだこの製品が発売間もない製品だったようです。

http://jp.line6.com/sonicport-audio-interface/sonicport-vx/

iOSやMac® 、PCとのシームレスな互換性を持つSonic Port VXは、デバイスや場所を問わずに制作を行えるパワーを提供します。大聖堂に響き渡るボーカルをiPad®に直接レコーディングし、階段の吹き抜けで大音量のドラムをトラッキングしたら、その後は自宅スタジオで追加トラックの作成とミックスの微調整を実行。Sonic Port VXにはLightningケーブルも同梱されており、ご使用のiOSデバイスとMobile POD®、GarageBand®、その他のCore Audio音楽アプリを使用して楽曲を簡単に、制限無くレコーディングできます。

Sonic Port VXはiOSでも利用できるオーディオインターフェイスなのですが、iOSでは様々なアンプモデラーソフトが出てきており、iPhoneやiPadに演奏を録音する用途だけでなく、Sonic Port VXのアウトプットから空間系エフェクターに繋いでアンプに接続すれば単なるエフェクターの一台のように使えます。
ここが僕にとって一番のポイントです。

DSC02253-1

普段からPOD X3 Liveと数台のコンパクトエフェクターでライブは凌いでいたのですが、新作発売以降コンパクトエフェクターがかなり多く必要になってきて、POD x3Liveと両方の持ち出しは機材量的に厳しかったのでiOSベースのコンパクトなものを探していました。

DSC02249-1

特に、電子音楽のライブなどアンプの持ち込みが難しい現場でラインで音を作ってPAに送る場合にアンプシミュレーターは必須になるのですが、往々にして電子音楽だとコンピューターやUSBオーディオインターフェイス、ミキサー、ヘッドフォン、MIDIコントローラーなどギター関連の機材以外で既に大荷物になってくるのでエフェクターやアンプシミュレーターは極力小型で高性能なものが求められるところ。
Sonic Port VXはPODよりも小さいのでその点でもメリットが大きいです。

DSC02448-1

選べるアンプモデラーはLine6純正のMobile Podのみならず、positive gridのBIASなど様々な選択肢があります。

僕はPositive Grid社のアンプモデラーBIASを使っていますが、これはプリアンプ、パワーアンプからトランスフォーマー、キャビネットからマイクの距離などかなりマニアックにハックできるアンプモデラーで、サウンドクオリティーはLine6より格段に高いです。

http://www.positivegrid.com

IMG_5201

IMG_5202

IMG_5203

IMG_5204

物理的に真空管の動作や回路をモデリングしていて、実際のアンプではできないような改造的なアプローチをしながら音作りができます。

アンプのモデルもマーシャルのスーパーリードやJCM800、マッチレス、フェンダーツインリバーブ、メサブギーのレクチファイヤー、ディーゼルのVH-4など標準搭載の36種類でも十分に馴染みのある伝説のアンプトーンが手に入ります。

これはBIASのスーパーリードのアンプモデルを使って録音しています。
wmdのガイガーカウンターやmid-fi electronicsのclari(not)なんかを繋いでいるのであんまりわからないかもしれませんが。

DSC02502-1

Sonic Port VXにはMIDI機能が無いので、プログラムチェンジナンバーを使った一括制御などはできないのですが、bluetoothを使ったMIDIインターフェイスなども最近は徐々にでてきているのでいつかはMIDI含めたラックシステムに取り込んだりもできるようになると思います。

DSC02492-1

ライブでiOSでギターの音作りをするのはコンピューターをライブで使う以上にまだまだ浸透していないアプローチですが、Sonic Port VXがようやくその扉を開けた感じはします。

DSC02476-1

ちなみに、電源をiPhone iPad経由のバスパワーでしか供給出来ない標準版のSonic Portは1万円程度安く手に入ります。

Sonic Portは、iPhone®やiPad®、iPod touch®上で刺激的なギター・トーンとクラス最高のオーディオ・クオリティを提供します。お気に入りのアーティストとジャム演奏を行ったり、キーボードやスピーカーを接続してモバイル・スタジオを構築したり、アンプを接続してライブ演奏したり。Sonic PortならGarageBand® やLine 6 Mobile POD® 、その他のCore Audio音楽アプリを使って楽しく簡単にレコーディングを行えます。