Studio Electronics QUADNICの全64波形

DSC04650-1

Studio Electronics のユーロラックモジュールのオシレーター、QUADNICの全64波形をテストしてみました。

http://www.fukusan.com/products/se/bm_quadnic.html
http://www.studioelectronics.com/products/synths/boomstar-modular/quadnic/

こうしてオシロスコープでしっかり波形を見るとサイン波がきたないですね。
ビット数が低いデジタルシンセの波形の感じで。
これはオシレーターの方向性からしてもエグい汚し系の音作りで活用するようなものなのであまり気にならないかもしれませんが
測定レベルで正確なサイン波を出したいと思っているような人は要注意です。

しかしながら4オシレーターあって、かなり複雑で分厚い音が作れます。
特殊な倍音構成の波形のオンパレードです。
quelltllのベースシンセにはもってこいの隠し味です。

ーーFukusan Kigyo co., ltd.サイトでの説明ーー

QUADNICQUADNICOverview

QUADNIC(クアドニック)はクアッド・デジタル・オシレーター・モジュールです。4つの 1V/Oct 入力に対応したデジタルオシレーターを搭載し、それぞれ64種類の波形と7種類の PROCESS によりバリエーション豊かな音作りができます。ポリフォニックに対応したMIDI to CV/Gateコンバーターと接続して最大4音ポリフォニック/パラフォニックのパッチを作成したり、オシレーターを重ねて分厚いユニゾンサウンドやコードを演奏する事ができます。

LEVEL/DRIVE

4つのオシレーターの音量は LEVEL/DRIVE ノブで調整します。左に回しきるとレベル0、12時方向でレベル最大、12時方向から右へ回していくと更に増幅しクリッピングします。
64種類のバリエーション豊かな波形
QUADNIC は64種類のバリエーション豊かな波形を搭載しています。BANKノブで1から4のバンクを選択し、WAVEノブでバンク毎に用意された16種類の波形から1つを選択します
マスターモードとスレーブモード
4つのオシレーターはマスターモードかスレーブモードに設定して使用します。マスターモードに設定すると個別のCV入力により、それぞれが独立したオシレーターとして使用できます。スレーブモードに設定するとピッチがCV1入力に追従するので、オシレーター1と合わせてユニゾンやコード演奏が可能になります。オシレーター1はマスターモード固定、オシレーター2, 3, 4はそれぞれマスターモード又はスレーブモードに設定できます。

CHORD

ユニゾン/コード演奏時の各オシレーターのインターバルは CHORD ノブによりコントロールします。
デチューン オシレーターごとにPITCH/DETUNEノブで調整
オクターブ C1, C2, C1, C2
オクターブ + 5th C1, G1, C2, G2
メジャー C1, G1, C2, E2
マイナー C1, G1, C2, E♭2
ドミナント7th C1, G1, B♭1, E2
マイナー7th C1, G1, B♭1, E♭2
メジャー6th C1, G1, A1, E2

PROCESS

オシレーター毎にエフェクトを加える事ができる PROCESS は7種類の中から1つを選択できます。
プロセス・モード 効果
None 効果無し
2x Add オシレーターの信号のコピーを加えます。PROCESS コントロールでデチューンを調整します。
2x Mul オシレーターの信号のコピーを作り出し、コピーした信号でオリジナル信号の音量を変調します。PROCESS コントロールでデチューンを調整します。
2x PM1 オシレーターの位相を三角波で変調します。PROCESS コントロールでモジュレーション波形のフリーケンシーを調整します。
2x PM2 オシレーターの位相を複雑な波形で変調します。PROCESS コントロールでモジュレーション波形のフリーケンシーを調整します。
W Seq ウェーブ・シーケンスにより全64波形を順番に切り替えます。PROCESS コントロールでシーケンスの速度を変える事ができます。
Sync 1 フェイズ・ディストーションにより波形を歪めます。マイルドなシンク・エフェクト。
Sync 2 フェイズ・ディストーションにより波形を歪めます。ドラマティックなシンク・エフェクト。

搭載波形
http://studioelectronics.com/assets/pdf/boomstar-modular/Quadnic-Waves.pdf
ーー